学生ビザ修正中にカナダ国外に行くために準備したこと

Frogアドベントカレンダー2017は8日目となりました。私がバンクーバーに来てから1年3ヶ月が経とうとしています。今年前半はちょくちょく旅行したり友人とアプリ制作などをやっていましたが、後半、特に最近はプログラミングの勉強か就職活動、どうぶつの森ポケットキャンプしかやっていません。

カナダに留学に来てからを振り返ると時間を取られたことのひとつに学生ビザ修正の件があります。今までビザの発行が必要なほど他国に滞在したことがなかったため、ビザについて詳しくなるとてもいい機会になりました。今年2月、学生ビザ(以下study permit)修正のため原本を郵送後、新しいものが郵送されてくる前にstudy permitの原本が手元に無い状態でカナダを出国し戻ってきました。その時のことを書き残しておきます。


study permitを持たずにカナダを出国したが、無事入国できた

結論から言うと、入念に準備したにもかかわらずひとつ返事で通してくれました。ですが私の場合は最初に入国してから6カ月以内でしたし、判断は対応してくれる職員によるため事前にできる限りのことはしておくべきだと思います。


事前に準備したこと

  • ・修正する前のstudy permitのコピーを携帯に保存しておく
  • ・学校の入学許可証、学生証、BCID、debitカードなどバンクーバーで発行した身分を証明するもの全て持っておく
  • ・学校とホストマザーに事情を伝え電話番号を控えておき、万一の場合は電話できるようにしておく

事前準備から再びカナダ入国までの過程

1. 留学エージェントに相談

約1ヶ月前に修正書類を郵送し返信がないままカナダ出国の日が近づいて来ましたが、やはりまだ新しいstudy permitは届きません。日本語での方が快適なので、まずは担当してくれている人に相談しました。しかし信用に足る事例がないため、ビザなしで国外に出るのはお勧めできないとのことでした。

2. 他の留学エージェントにも相談

そこでセカンドオピニオンを求め他の留学エージェントにも相談をしてみましたが、やはりはっきりとした対策案はいただけず…特に新しい収穫はありませんでした。

3. 学校に相談

学校にも相談してみることにしました。すると学校からできる限りのサポートはするが、まずはIRCCコールセンターに電話をしてみましょうということになりました。身分を証明するものは全て持っていく、そしてもし入国審査の際に何か問題があれば学校に電話してもらってと心強い言葉をいただきました。

4. IRCCコールセンターに相談

permitがない状態で国外に出て帰ってくる旨を伝え、IRCCに電話をしたという証明ができる書類を発行してもらえないかと相談してみます。応答があるまで20分待ちます。そこで確認したのは、

  • ・study permitを修正中でまだ修正後のものが届かないが、日本に帰る必要がある。
  • ・study permitがない状態でカナダに帰ってくることになるが、何か事前にしておくべきことがあるか。
  • ・電話をしたという証拠になるメールを送ってもらえないか。

といったことです。しかし予想通り、管轄外なので何もできないしメールも送れないの一点張りでした。

5. student permitが無い状態で国に入る

学校やホームステイの家族に事情を伝え、いざとなったら電話するかもしれないと伝えてできる限り万全の対策をしたのちにカナダを離れました。BCIDや学生証、LOAなどバンクーバーで発行した身分を証明するものを全て持っていきました。もちろん修正前のstudy permitの写真も携帯に保存しています。

飛行機から降りて入国審査へ、順番が来て窓口に向かいパスポートを提示します。いつも聞かれるなぜカナダに来たのかという質問に答えつつ、すかさず携帯の画面で修正前のstudy permitの写真を見せながら、今修正中で手元に原本がないという旨を話しました。幸いにも審査官は私の携帯を一瞥してすぐ、ひとつ返事で通してくれました。


まとめ

無事入国できて安心しましたが、6カ月以上カナダに滞在したあとの場合はどうなるかわかりません。審査官が違えば対応が違ったかもしれないですし…。

願わくはこれが同じ状況にある方の助けになればと思います。それではメリークリスマス!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA